バレンタインデー

 久しぶりに、千円のカットサロンさんで、散髪をしました。鏡をマジに見ると私の顔は白髪世代です。カットの最中そのお兄さんが、「今日、バレンタインのチョコレートをもらったんですよ、同僚に・・・」と楽しそうに話しかけてくれました。
 そういう私も義理チョコを貰っています。事務所のスタッフです。もらったチョコはゴディバなどちょっと高いおばさま系です。
 このようなお祭りは、私の子供の頃にはなかったです。若いころの恋愛中もなかったです。20年余り前、今は古参の女性スタッフにもらったと記憶があります。東京の代官山のチョコやグリコのアーモンドチョコや様々でした。しかし、その頃は飲み屋さんのプレゼントの世界であったような気がします。
 今の若い人のような手作りチョコという身近な表現でなかったと思いだしました。チョコのお返しはしたことがないです。楽しましてもらって、知らぬふりをしています。
 今年、私も65才です。そろそろ義理チョコをもらわない年齢でしょう。スタッフからの義理チョコは、今だに働ける事を感謝しなければいけない印でしょう。

Comments are closed.