葬儀

人間は死でもって終幕します。一般的にその墓は葬式・火葬・納骨の手順でなされる。それを行う者がいない場合があります。身元不明者で引き取り人がない場合、市・町がそれを代行します。死者に家族・身内が存在するも、それらが引き取らない場合があります。その場合、関係する第三者が、その儀式をすることが多いです。

そこで直面するのが、火葬されて後、お骨あげ・納骨です。たとえ一骨でも骨壺にいれ、後は納骨してあげたいのが人情です。それをせずに処理をすると簡単ですが、死者に人生の足跡・尊厳もないような気がします。なにしろ、家族・身内がいない、葬式に出席しない状況の中ではいろいろと考え込みます。

大阪市内で居住して亡くなられた方は、大阪市設瓜破霊園内に合葬式墓地があることを知りました。その霊園は、緑の世界につつまれた永眠地であります。その合同墓地の使用料は安価です。このような地で、そこに永眠してもらう事が出来れば、ホッとします。

追記すれば、そこは生前に予約でき、存命の配偶者も予約でき、さらに記名板に夫婦一緒に名を残せます。

偶然、人の終幕に手をそえる事となる場合、死者の人生の大部分を知らなくとも、最後まで人として接するようになりたい。

 

Comments are closed.